企業情報

代表メッセージ

日本光電は、1951年の創業以来、「エレクトロニクスで病魔に挑戦」をモットーに、 医用電子機器のトップメーカとして、数々の医療機器を世界中の医療現場へ提供してきました。その活躍の場は、臨床医療の場をはじめ、救急医療、在宅医療・介護、健康増進の場へと広がっています。

その日本光電グループの中で、ベネフィックスは、医療情報システムをご提案させていただく会社として、2006年6月に創業を開始しました。
日本は過去に例を見ない高齢化と医療費の増大によって、医療情勢が社会的関心を集めています。その医療サービスの提供者である医療機関様におかれましても、病院経営に大きな変革期を迎えており、情報共有、医療安全、業務改善の観点から、多くの病院様で院内の情報システム化が急速に進んでおります。
医療機関様の抱える大きな悩みは、組織内に医療情報システムに精通された方が少ないという点にあると思います。

日本光電グループのベネフィックスは、医療現場からの発想で、患者様・医療スタッフの方々のための最良最適なシステムをご提案いたします。

代表取締役社長 伊東 信一

代表取締役社長 伊東 信一

ページの先頭へもどる

企業情報

重症心身障害施設の導入事例1

社会福祉法人希望の家療育病院様の導入事例

重症心身障害施設の導入事例2

社会福祉法人びわこ学園びわこ学園医療福祉センター草津様の導入事例

製品案内・事業案内のダウンロード

システム紹介・導入事例をまとめたパンフレットのダウンロード