コンサルティング

コンサルティング(ワークフロー)

■フローチャート

ステップ1 基本システム設計

ステップ2 運用提案

ステップ3 稼働準備

ステップ4 システム稼働

【Step1】基本システム設計

現状分析:部門別の現行運用調査の実施

部署別にシステム状況調査・部署内問題事項のリストアップを行い、機器設置場所の確認、院内のシステム化の状況を確認します。

現状報告:現地調査の結果による、
システム化による運用説明・範囲の検討

現状の調査結果を元にシステム化した場合どのような運用となるか、または、システム化する上ではどのような運用選択が可能かを説明・検討します。

コンサルティングのイメージ

ページの先頭へもどる

【Step2】運用提案

運用フロー作成:運用フローを作成、問題点を検討・改善

稼働部門に係る職員の運用フロー/伝票類の運用フローを作成し、病院職員様の運用理解を図ります。

仕様書作成:稼働システムに係る全体仕様書確認

ソフトウェア(カスタマイズ要件)及びハードウェアの仕様確認を行います。また、機器設置・LAN配線などインフラの概要も確認します。

実稼働準備

マスター整備/システム環境整備/消耗品類の整備など、病院様と弊社の作業分担及び依頼事項を確認します。
また、病院様でご使用になられている帳票のレイアウト作成、システムダウンを想定した院内規定、パソコンの取扱いに対する院内規定、障害発生時のトラブル対策マニュアルを作成します。

マニュアルのイメージ

ページの先頭へもどる

【Step3】稼働準備

オペレーショントレーニング

システム操作指導に関してのスケジュール調整(3時間/人 ※習熟度による)を行い、職員毎の習熟度を確認します。

シミュレーション

受付~診察~検査~会計に至るまで外来診療の一連の流れをシミュレーションします。システム稼働チェック・操作時間等の把握し、シミュレーション後には問題点を精査します。

設置

各部署へ機器を設置します。設置後、システム稼働及びネットワークをチェックします。

オペレーションのイメージ

ページの先頭へもどる

【Step4】システム稼働

本稼働

混乱時の指揮・命令系統の連絡経路を徹底し、問題発生状況の把握、業務終了時に各部門からの状況報告を受け、情報共有を図ります。

情報共有のイメージ

ページの先頭へもどる

コンサルティング

重症心身障害施設の導入事例1

社会福祉法人希望の家療育病院様の導入事例

重症心身障害施設の導入事例2

社会福祉法人びわこ学園びわこ学園医療福祉センター草津様の導入事例

製品案内・事業案内のダウンロード

システム紹介・導入事例をまとめたパンフレットのダウンロード